日刊スポーツにコメントが掲載されました。

IMG_1952

2015年2月23日(月)の日刊スポーツに私のコメントが掲載されました。

歌舞伎町ぼったくり被害|現時点で私が伝えたいことはこれだけ

歌舞伎町ぼったくり被害に関する相談電話が増える→電話が多くて業務に支障→同じ話を繰り返すのは能がない、どうせなら連絡のあった被害をすべて記録しておこう→そのためのウェブサイトをつくって日々公開しよう→新宿 弁護士青島克行のぼったくり被害相談室 を昨年2014年12月に開設 →ネット検索上位となり、さらに電話が増えている。。。 とまあ、そんな流れでマスメディアの方からご連絡をいただくようになりました。

歌舞伎町ぼったくり被害|被害者救済と加害者の検挙は分けて考えよう

記事中、警察としても立件が難しいとの話がでております。
別に立件しなくても、被害を防ぐことができるし、防ぐべきである、というのが私の問題意識です。
交番にきた人たちを、店の人間から切り離して、先に帰宅させてあげるだけで被害は防止できるのです。
極論、立件なんかしなくていいのです。

歌舞伎町ぼったくり被害|お巡りさんの言い分

お巡りさんはそれでは客側に味方することになってしまう、と言うのでしょう。
そうではありません。
現状の「当事者同士で話して」という交番の対応が、被害者を絶望に追い込み、店員と夜の街に戻された被害者が財布にあるだけの現金、ATMまで連れて行かれてお金をおろし、そしておろした現金を店員に支払い、さらに店に戻ってカードまできられてしまうという悲劇を毎晩生んでいます。
これは警察がぼったくり店の味方しているのと同じではありませんか。

歌舞伎町ぼったくり被害|お巡りさんは経験則重視の現場判断を

人が飲食店を利用した後にとるべき行動は次のどれか?
(a)帰宅するため、駅に向かう。
(b)次のお店(二軒目、三軒目)に向かう。
(c)交番に向かう。
さあどれでしょう。
ふつうは(a)か(b)といったところでしょうか。経験則上、そのように断言してかまわないのではないか。
では(c)という選択肢はどうでしょうか。
飲食店を利用した人が交番に来る。これは経験則に反する行動です。
ではなぜきたの?
その飲食店で不当な請求をされているから、怖い思いをしたからにほかなりません。
ふつう外食したからといって、我々はその足で交番にかけこんだりしませんよね。
簡単な話なのです。
それなのに、交番のお巡りさんは、助けを求めてやってきた被害者に対して、「店と話し合って」などといって、お客さんを店員のもとにつきかえす。
これはもうやめていただきたいのです。
話し合っても無駄なのです。
話し合って折り合える話ではないのです。
かたや不当請求だ!かたや無銭飲食だ!などと真逆も真逆の主張を双方しているのです。
しかも両者は対等のようにみえて、そうではありません。
実際の被害者は怯えきった精神状態にあります。
この状態で店の人間と話し合えといわれても、蛇に睨まれた蛙以下の存在です。
両者の話し合いを自由にさせればさせるほど、最後には、被害客が屈して不当な金額を払わされること必定なのです。

歌舞伎町ぼったくり被害|お巡りさんへの要望

そこでお巡りさんにお願いがあります。
民事不介入などという法的根拠のない言葉を使うのはやめてください。
街のお巡りさんとして、自信を持って断言してほしいのです。
・飲食店のお客さんがわざわざ交番にくるということは、非常事態がおこったものと判斷します。
・支払う、支払わないについては交番はどちらの味方もしません。
・この非常事態に際しては、助けに求めに来た人達の主張を一旦信用して、彼らを先に帰します。警察官の責務として行うものです。
・店側にも言い分はあるでしょう。それは裁判で決着をつけてください。裁判では店の味方も被害者の味方もしませんから。
こうやって、場を収めて欲しいのです。

歌舞伎町ぼったくり被害|これだけで被害は防げる

ぼったくり店の蜘蛛の巣からなんとか逃げてきた被害者を、再度、蜘蛛の巣に絡め取らせてしまうような対応(「当事者同士で話して」)だけはしないでほしいのです。
検挙なんかしなくていいですから。
それだけで被害のかなりの部分は防げます。
助けを求めてきた被害者を突き放す交番の対応が、毎晩、新たな被害を生んでいます。
これほど罪深いことはないと思います。
検挙なんかしなくていいのです。
とにかく、被害者を助ける対応を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青島 克行

青島 克行弁護士・保育士・宅地建物取引主任者

投稿者プロフィール

こんにちは。
ぼったくり被害に関する情報提供と皆さまとのコミュニケーションのために、このサイトを運営しています。
コメント、メッセージをお待ちしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

弁護士の紹介

自分の写真
青島克行(→プロフィール

私宛のご質問と回答はask.fmで公開しています。
静岡県静岡市出身
昭和50年9月17日生
 弁護士(東京弁護士会、登録番号31776)
 保育士(東京都)
 宅地建物取引主任者(東京都)

メディア掲載等

  1. IMG_4543

    2015-7-12

    TBSラジオ「渋谷和宏・ヒント」に出演します。

    最近、更新がさぼりぎみでスミマセン。 7/13(月)TBSラジオ「渋谷和宏・ヒント」という番組に出…
  2. IMG_5264

    2015-3-3

    東京スポーツにコメントが掲載されました。

    20150226(木)東京スポーツ(東スポ!)にコメントさせていただきました。 さすがは東スポ…
  3. image

    2015-3-3

    フジテレビスーパーニュースでコメント(音声)させていただきました。

    20150225(水) フジテレビスーパーニュース(夕方の番組)でコメントさせていただきました。 …
  4. IMG_2113

    2015-3-3

    日刊スポーツ、サンケイスポーツにコメントが掲載されました。

    2015年2月25日(水)の日刊スポーツ、サンケイスポーツに私のコメントが掲載されました。 CLU…
  5. IMG_1952

    2015-2-24

    日刊スポーツにコメントが掲載されました。

    2015年2月23日(月)の日刊スポーツに私のコメントが掲載されました。 歌舞伎町ぼったくり被害|…
  6. Y01A159

    2014-12-5

    NHKニュースウェブにコメントさせていただきました。

    2014年11月28日(金)夜11:30~放映のNHKニュースウェブにコメントさせていただきました。…
  7. 14-1211-H-big

    2014-12-5

    週刊アサヒ芸能にコメントが掲載されました。

    2014年末忘年会特集ということで、ぼったくり被害と予防についてコメントさせていただきました。 1…
ページ上部へ戻る