歌舞伎町ぼったくり被害|「ファントムルージュ」 東京都新宿区歌舞伎町1-15-12大河原ビル4階

Y01E030

2015年2月某日夜の「ファントムルージュ」というお店についての被害報告です。
(20150312に被害報告のメールをいただきました)。

 新宿歌舞伎町ぼったくり被害||「ファントムルージュ」 東京都新宿区歌舞伎町1-15-12大河原ビル4階

歌舞伎町ぼったくり被害者様からのご報告

被害者:2名
店舗情報:「ファントムルージュ」歌舞伎町1-15-12大河原ビル4階
紹介元:第10NKビル一階の無料案内所(その案内所自体が最近できたものだそうで、感想お聞かせくださいね等言っていた)
案内所での説明:一人セット料金4000円/H、女の子ドリンク一杯1000円
実際の請求料金:一人セット料金4000円/H、女の子ドリンク一杯10000円、サービス料TAX40%、女の子が20杯飲んだ(一口ワインのようなもの)→30万近い請求を受けました。こちらも反論すると、さらに私の友人が、女性の体を触った迷惑料などといって50万円上乗せで約80万円を請求してきました。
警察の言い分:民事不介入だから外で話ししてね

メニュー料金表、また迷惑料に関しては会計カウンターの横の壁に30センチ四方のサイズの紙で貼っていました。

匿名ですみませんが、情報提供だけさせていただきます。メールアドレスは昔のもので無効ですがご容赦下さい。
青島先生のご活動を応援しています。非常識的な時間の相談者側にも問題があり、深夜の電話対応など大変な活動だと存じます。
こういった情報提供のHPの存在自体が一つの抑止力にもなると私は思い、その一助になればと情報提供させていただきます。

ありがとうございます。
情報提供だけでもありがたいと思っております。
心遣いもありがとうございます。救われる思いです。

80万円の会計に納得いかなかったため、警察ではなしをしようと言いました。店側は警察まで1名が同行します。
警察に行くと警察は店と案内所の確認をし(メモを取っています)、民事不介入だから外で話してねということになりました。
仕方ないので顧問弁護士に電話で指示をあおぎ、案内所で説明された料金で認識しているのであってそれ以上は払わない。
これでそちらが納得しないなら裁判する。
こちらはA弁護士会のXが担当である。
それ以上の話はもうできない。
とこちらから毅然と主張しました。
相手は納得しない態度ではありましたが、主張した金額を払い、タクシーに乗り帰りました。

この方は、毅然とした対応で無事帰宅できたと。
本当によかったです。

歌舞伎町ぼったくり被害|青島の感想

今回のケースは、不当な要求に屈せず、交番前でも毅然と対応し続け、無事帰宅できております。
ただ最近は店側の悪質さしつこさが狂気のレベルに至っており、警察が介入しないのをいいことに、タクシーがきてもそれに乗れないようにしたり、交番から別の場所に行くよう強要し、客も連れて行かれてしまう(交番のおまわりさんが店側の人間に連れて行かれてしまう被害客を見殺しにしている現状)ケースの報告も本当に多いです。
どれだけ交番から冷たく突き放されても、店員が場所を変えると強要してきても、とにかく交番から離れることだけは避けてくださいませ。
どれだけ冷たく突き放されてもです。
交番から離れた後に無傷で帰宅できたという報告は今のところありません(店員に連れまわされて、必ずお金を支払わされている。現金が足りなければATMでおろさせられて、それでも足りないといって店に戻らされてカードを切らされる。せっかく交番にいったのにこんな結末になってしまう。本当に悲劇というほかない)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青島 克行

青島 克行弁護士・保育士・宅地建物取引主任者

投稿者プロフィール

こんにちは。
ぼったくり被害に関する情報提供と皆さまとのコミュニケーションのために、このサイトを運営しています。
コメント、メッセージをお待ちしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • ★★★★★
    • 2015年 4月 05日

    青島先生、初めまして。
    ★★と申します。

    4月4日22時ころに、歌舞伎町の区役所近くにある「Le dernier amour」というお店で過剰な請求が出され困っている者です。

    当日は外のキャッチに2000円くらいで飲めると案内され友人と2人と1時間少しいたところ
    245,300円の飲食代金を請求されました。

    新宿東口駅前の交番に行きましたが、
    介入できないということで助けてもらえませんでした。

    喫茶店に場所を移し、店員と話しをして、今ある残高分引き出して支払いをしました。
    しかし10万円ほど足りず、免許証のコピーも取られており
    「平成27年4月20日15時までに不足分(\54,650)を支払いすることをお約束致します※友人も同一の念書を記入しているので金額は2倍です」なる念書を書かされ拇印を押してしまっております。

    違和感に思った点がいくつかあります。
    ・なぜか振込先は東京三菱UFJ銀行の福岡支店です。
    ・店員が伝票をずっと持っていて、自分たちには触らせてくれない。
    ・名刺をくれと言うと、情報量が異常に少ない不自然な名刺でした。※紛失してしまいました

    正直、これ以上関わりたくないです。
    電話番号や住所も記入しているので不安ばかりです。
    全て友人も同意見です。

    次に取ったら良い行動の助言を頂けないでしょうか。

    宜しくお願い致します。

    • ★★★
    • 2015年 4月 14日

    青木先生初めまして。★★★と申します。
    昨晩の4月14日0時頃、新宿のルミネというお店で友人2人と30分ぐらいの滞在で238000円の請求を受けました。

    当日の夜は雨も降っておりキャッチの方からは月曜の夜に雨も降っていて暇なので70分3000円でお店を紹介しますと言われついて行きました。

    お店に入る前に再三それ以上かからない事を確認してから入りました。

    お店に入って30分位すると閉店なので勘定をお願いしますと言われ請求書を見ると238000円でした。

    その後、友人がお店の方と表で話しに行きました。かなり長くなっていたので自分も外に向かいました。(その時点で自分はまだ請求書を見ていませんでした。)

    外に出ると警察の方と他に2組位の方々が同じようにもめていました。

    我々は警察にまともにとりあってもらえなかったので手元にある現金2万円だけ支払い3~4時間話しあった後、総額20万になり残りは後日払う念書を書かされその場は解放されました。

    支払いの期日は月末なのですが払うつもりはありません。念書を書いてしまった以上は払わないといけないのでしょうか?宜しければ今後どのような対応したらよいか教えて下さい。宜しくお願いしますm(__)m

    • 青島 克行

      念書自体の無効を主張するのであれば、支払わないという対応でよいと考えます。
      電話等で連絡がきたら、ご自身の見解を堂々と回答すればよいと考えます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

弁護士の紹介

自分の写真
青島克行(→プロフィール

私宛のご質問と回答はask.fmで公開しています。
静岡県静岡市出身
昭和50年9月17日生
 弁護士(東京弁護士会、登録番号31776)
 保育士(東京都)
 宅地建物取引主任者(東京都)

メディア掲載等

  1. IMG_4543

    2015-7-12

    TBSラジオ「渋谷和宏・ヒント」に出演します。

    最近、更新がさぼりぎみでスミマセン。 7/13(月)TBSラジオ「渋谷和宏・ヒント」という番組に出…
  2. IMG_5264

    2015-3-3

    東京スポーツにコメントが掲載されました。

    20150226(木)東京スポーツ(東スポ!)にコメントさせていただきました。 さすがは東スポ…
  3. image

    2015-3-3

    フジテレビスーパーニュースでコメント(音声)させていただきました。

    20150225(水) フジテレビスーパーニュース(夕方の番組)でコメントさせていただきました。 …
  4. IMG_2113

    2015-3-3

    日刊スポーツ、サンケイスポーツにコメントが掲載されました。

    2015年2月25日(水)の日刊スポーツ、サンケイスポーツに私のコメントが掲載されました。 CLU…
  5. IMG_1952

    2015-2-24

    日刊スポーツにコメントが掲載されました。

    2015年2月23日(月)の日刊スポーツに私のコメントが掲載されました。 歌舞伎町ぼったくり被害|…
  6. Y01A159

    2014-12-5

    NHKニュースウェブにコメントさせていただきました。

    2014年11月28日(金)夜11:30~放映のNHKニュースウェブにコメントさせていただきました。…
  7. 14-1211-H-big

    2014-12-5

    週刊アサヒ芸能にコメントが掲載されました。

    2014年末忘年会特集ということで、ぼったくり被害と予防についてコメントさせていただきました。 1…
ページ上部へ戻る